未分類

カルロスゴーンの嫁キャロルの経歴まとめ!金銭感覚がヤバかった?!

カルロスゴーンの嫁・キャロルに逮捕状が出ましたね。

ネット上で、嫁のキャロルについて注目が集まっているようです。

キャロルさんはカルロスゴーンにとっては2回目の結婚相手

キャロルさんには連れ子が3人いて、元嫁の間には子供が3人います。

この記事では、カルロスゴーンの嫁キャロルの経歴や、元嫁・子供についてまとめました。

カルロスゴーンの嫁キャロルの経歴まとめ

嫁キャロルのプロフィール

クリックすると新しいウィンドウで開きます
キャロルのプロフィール
  • 名前:キャロルゴーン(Carole Ghosn)
  • 旧姓:キャロルナハス(Carole Nahas)
  • 誕生日:1966年10月
  • 年齢:53歳(2020年1月現在)
  • 出身地:レバノン ベイルート
  • 会社:CALM(カルム)

嫁キャロルはブランド「CALM」を立ち上げた実業家

デザイナーのAlison Levasseur氏と

キャロル夫人は、2009年にデザイナーのAlison Levasseur氏とともに、ニューヨークで「CALM」を立ち上げています。

「CALM」は、高級ハンドメイドのコットンドレスブランドで、収益の一部はレバノンの未亡人に寄付していたんだそうです。

ブランド名はキャロル夫人とAlison氏のイニシャルをとってつけられたそうで、現在キャロル夫人は「CALM」に携わっていないようです。

「CALM」のドレスがこちら。

黒とゴールドの色使いが妖艶で、非常にシックでセンスのいい作りですよね!

嫁キャロルの元夫は金融マンで子供が3人!

クリックすると新しいウィンドウで開きます

キャロルさんはレバノンで生まれましたが、人生の大半をニューヨークで過ごしています。

最初の結婚は1992年で、キャロルさんが26歳の時。

お相手はレバノンの金融マンで、マルワン・アブジ・マーシさんというアメリカ在住の方。

キャロルさんはマーシさんとの間に3人の子供を授かっていますが、後に離婚しています。

3人ともニューヨークにある、エリート層の通う高校へ通わせたんだそうです。

以下に、3人の子供についての詳細をまとめていきますね!

ゴーンの嫁キャロルと元夫の子供について

長男アンソニー:ボストン・コンサルティング・グループ、ニューヨーク支店のパートナー

次男ダニエル:モルガン・スタンレー勤務

長女タラ:ブラウン大学(学生)

全員とても優秀なお子さんなんですね!

キャロルとカルロスゴーンが不倫再婚?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

キャロルさんは2016年にカルロスゴーンさんと再婚しています。

キャロルさん・ゴーンさんともに2人目の結婚相手となります。

ゴーンさんは2015年に元嫁リタさんと離婚が成立しているので、約1年後の再婚だったということになります。

馴れ初めははっきりしていないのですが、ゴーンの元嫁リタさんの証言によると、2013年にはキャロルさんとゴーンさんが付き合っていたという証拠があったそうです。

その証言から、キャロルさんとゴーンさんは不倫から結婚に至ったのではないかと囁かれています。

ゴーンの元嫁リタとの離婚原因は「DV」と「不倫」

クリックすると新しいウィンドウで開きます

キャロルさんの前に、ゴーンさんは1985年にリタ・コーダヒさんと結婚しています

リタさんとの間には娘3人・息子1人の4人の子供がいます。

リタさんがキャロルとゴーンの関係に気づいたのは、結婚22年目を迎えた2006年だと言われています。

ゴーンは離婚前に、レセプションにリタの名前でキャロルを連れて行ったというエピソードもあり、かなり大胆に行動していたようですね。

そんな中で、リタさんはキャロルとゴーンの不倫の証拠を握ったよう。

ゴーンさんとリタさんの離婚理由

  • 不倫
  • DV

だったと言われています。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ゴーンさんはリタの首を絞めたり、「銃で自殺したらいい」とリタさんに言い放つなど、DVをしていたというエピソードも。

ゴーンさんは相当の泥沼状態を経て、キャロルさんと再婚したんですね、、、!

カルロスゴーンと嫁キャロルの結婚

クリックすると新しいウィンドウで開きます

キャロルとゴーンの結婚式は、キャロルさんの誕生日に合わせて2016年10月に執り行われました。

式場はなんと、フランスのベルサイユ宮殿!。

その宮殿を貸し切る費用も相当なものだったそうで、

宮殿貸し切り料などを含め、費用は総額80億円とも報じられている

なんと総額80億円と言われています!

俳優を雇って18世紀風のコスチュームを着せ、フランスの貴族を再現する徹底ぶり!

映画「マリーアントワネット」からインスピレーションを得て、実現した挙式だったようです。

キャロルさんとゴーンさんの間には子供はいません。

嫁キャロルによってゴーンの金銭感覚が変わった?

クリックすると新しいウィンドウで開きます

嫁キャロルと結婚したゴーン氏は派手な生活を送っているイメージがありますが、実は元嫁リタさんとの生活はとても慎ましいものだったと言います。

目黒区に住んでいたゴーン&リタ夫婦でしたが、100円均一で買い物をしたり、使用済みのペットボトルを花瓶がわりにしていたというエピソードも。

《いまでも妻からいろいろな不満を言われます。そんなとき、私は彼女に“ギブアップ”と言うしかないですけどね。(中略)私はブランドには興味がない。安もののバッグでも、使いやすければいいと私は思っていますから》(『プレジデントFamily』’07年10月号)

元々、ブランドに興味がなかったゴーンさんの手綱を引いていたのは元嫁リタさんだったんでしょうね。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

フランスでは、「金持ちの遊び」とされている競馬を夫婦でたしなむ姿も目撃されたりと、キャロルさんと再婚してから、派手な生活へと変貌していったゴーン氏。

この生活の変貌はキャロルさんの価値観によるものなのでしょうか。

「マリーアントワネット」のように、血税で贅沢三昧する姿が重なるような、、、

一緒に過ごすパートナーと価値観が似てくることはよくあることですよね。

今後のキャロル&ゴーンさんの報道にも注目していきます!