未分類

抱っこ紐外される事件ってなに?犯人や発生場所・対策まとめ

2019年9月頃からSNS上で話題になっている「抱っこ紐外し」

生後間もない赤ちゃんから、2−3歳頃まで使用する抱っこ紐の背中のバックルを意図的に外すという事件が発生

この恐ろしすぎる抱っこ紐外される事件について、犯人や発生場所・対策についてまとめました。

抱っこ紐外される事件ってなに?【抱っこ紐外される事件事例】

抱っこ紐外される事件が話題となったきっかけのツイートがこちら!

抱っこ紐外される事件の目撃談1

え、え?なに? ちょっとよく分からないから今見たことを書くね。 さっき通常よりやや混雑気味のバスに乗ってたの。 端の方で申し訳なさそうにベビーカー畳んで抱っこ紐で赤ちゃん抱っこして立ってるお母さんがいたのね。

そしたら途中乗車してきた50代くらいのオバサンがその人見るなり明らかに怪訝そうな顔してその人の後ろにやや詰め気味に立ったの。まだスペース余裕あるのに。 で、バスが終点に着いて乗客の降車が始まったザワザワしてるタイミングで、突然そのオバサンが赤ちゃん抱いてる抱っこ紐の背中のバックル外したの。

そのお母さん慌ててベビーカーから手を離して子供を支えたんだけど、その時にベビーカーが倒れて座ってたオジサンにぶつかったの。 そしたらオジサン状況も知らないのにその人に向かって「痛ぇじゃねぇか!しっかり支えとけよ!」って怒鳴ったの。 必死に謝るお母さんの姿見てそのオバサン笑ってた…

思わずそのお母さんに 私がベビーカー支えておくんでバックル付けてあげてください!って言ったけど、私にも申し訳なさそうに すみません…って言ってて。 なんでこの人が謝らなきゃいけないんだろうって思ったら、いても立ってもいられなくてオバサンに文句言おうとしたけどその時にはもう居なかった

私がこの件に遭遇したのは神奈川の市営バスです。 同じく神奈川の市営バスで同様の被害に遭われた方がいらっしゃったようなので近隣の方は気をつけて頂ければと思います。 これは憶測ですが、常習犯なのであれば隣県や都内にも足を伸ばしている可能性も否めないのでお気をつけ下さい。

このツイートをしている方の動転している様子もですし、非情なリアルな描写で嘘とは思えませんよね。

また、他にも目撃談が寄せられていました!

抱っこ紐外される事件目撃談2

抱っこ紐外し、今日通勤中のバスで見かけたんだよね…。私、赤ちゃん(抱っこ紐)と幼児(4歳くらい)連れたお母さん、おじさん(50歳くらい)で並んでて、順番に並んでたのね。バスまだかなって後ろ(っていうか横)見たら、おじさんがお母さんの背中(多分留め具の位置)に手を伸ばそうとしてた

やばいって思って、つい大きめの声で「あの!じ、順番!変わります!どうぞ!!」ってすごい不審がるお母さんと半ば無理やり場所交代したんだ。最初勘違いだったらどうしようって思ったけど、場所交代したらおじさんからゆるく背中パンくらったから多分抱っこ紐外ししようとしてた

抱っこ紐外される事件目撃談3

9月24日に電車に乗っているとき、赤ちゃんを抱いたママの後ろにおばさんが近寄ってきて、そのまま無言でバックルを外した

腰のバックルをはずされ、1歳にも満たない赤ちゃんはお尻から落下したが、大きなケガに至らず無事だった

友人はおばさんが逃げないように腕をつかんでいましたが、暴れて隙あらば逃げようとしていたそうです。友人とママは警察に呼ばれ、事情を聞かれたそうです

抱っこ紐外される事件体験談

2019年8月上旬、当時5か月の娘を抱っこひもでかかえデパートで買い物をしているときのことだった。

「地下1階の食品売り場に向かうガラガラの下りエスカレーターに乗っていたときのことです。突然、手すりに置いた私の手のすぐ後ろから手がのびてきたんです」

痴漢かなと思って慌てて振り返ると、1段ほど抜かした上の段から男が身を乗り出すようにして林さんをのぞき込み、男ののばした手が背中のバックルに触れた。

バックルをはずされる、突き落とされる、そんな恐怖が頭をよぎり慌ててエスカレーターを降りたとのこと。左側に寄っていて通行の邪魔にもなっていなかったはずと。

男は顔色を変えることなく無表情で通り過ぎた。ほんの数秒の出来事に恐怖がおさまらない。林さんは店員に事情を伝え、警察にも被害を訴えた。

「50代くらいの白髪まじりの男性。身だしなみもきちんとしていて、ボーダーのポロシャツにハーフパンツ姿。あまりにも普通の人だったので、逆に怖かったです」

どの目撃談・体験談も、赤ちゃんに被害がなくて本当に良かったです。

それにしても、恐ろしい事件ですよね。

抱っこ紐外される事件の発生場所・犯人は?

抱っこ紐外される事件の目撃談や体験談が相次いでおり、各地で実際に起こっている事件なのだと実感せざるを得ません。

あまりにも恐ろしすぎる事件ですが、発生場所として特定されているのは

神奈川県市営バス
電車
エスカレーター

場所としては、バスや電車などの密室で逃れられない場所。

そして、エスカレーターも、乗っていると素早く移動することはできないですし、赤ちゃんを抱っこしている時なんてましてや身動きとれませんよね。

実際の発生場所として、地名だと神奈川県だけ明らかになっていますね。

 

犯人に関しては、目撃談や体験談を踏まえると

50代のおじさん・おばさん

怪しい人、でもなく「普通の人」なのだそうです。

どこにでも潜んでいる感じがして、なおさら怖いですね、、、

子育てをしてきた人なら、もう子どもも成人している頃でしょうか。

子育て経験があれば、こんな事件を起こさないのではないかと思うのですが…子育て中の母親に対しての妬みや恨みがなにかあるのでしょうか。

個人的には、加害者自身、母子の愛着がうまく形成できなかった方なのかな?と思っています。

抱っこ紐外される事件の対策は?

抱っこ紐外される事件はいつどこで起きるのか、予測ができません。

悲しい世の中ですが、愛する赤ちゃんを守るために対策が必要になってきますよね。

その対策についてご紹介してきます!

①上着を羽織る

背中にバックルのあるタイプの抱っこ紐の場合は、上着を羽織ってしまうとバックルは外せませんよね!

ただ、これは上着の必要のない夏は通用しませんので注意です!

そして、エルゴなどのゴツめ抱っこ紐は、上着がモコモコしてガンダムみたいになってしまうのでご注意。

②背中にバックルのない抱っこ紐に変える

背中にバックルがあるから外される。

では、背中にバックルのない抱っこ紐は?ということで、オススメの抱っこ紐は「コニー」

こちらは新生児期から使え、赤ちゃんの姿勢もいい感じでホールドできます。背中がクロスのデザインになっているので重さも分散されます。

また、「ベビービョルン」のオリジナルは背中にバックルがないタイプの抱っこ紐なので、こちらもオススメです!

画像

③抱っこ紐の安全ベルトをつける

画像

エルゴをご使用の方ですと、購入時に付属している「安全ベルト」を装着するのもオススメです!

確かに一手間で面倒なのですが、着用していると赤ちゃんをしっかり守ることができますね!

④抱っこ紐カバーをバックル部分につける

「抱っこ紐カバー」の画像検索結果

抱っこ紐のよだれ防止カバーをバックル部分にきつめに巻いておくと、バックルは簡単に外れませんね!

ただ、体が硬い人は装着が難しいかもしれないので、ご注意!

抱っこ紐外される事件ってなに?犯人や発生場所・対策まとめ〜最後に〜

抱っこ紐を外される事件は、子育て中のママにとって恐怖でしかありませんよね。

電車やバスなどの公共機関って子連れママにとって緊張の連続ですが、その中で更にこのような事件が起きるとなると、外出も容易でなくなってしまいます。

加害者の方の気持ちは理解できませんし、納得行かないですが、赤ちゃんを守るために母親たちも対策を講じる必要があるのかもしれません。

このような対策を取らずとも、安心して子育てできる環境になってくれることを祈っています。