未分類

バーガーキングの縦読みが話題!打倒マックの広告戦略がすごいw

2020年1月31日、秋葉原にあるバーガーキングが閉店するマクドナルドに対して、縦読みメッセージを送ったことが話題になっています。

その縦読みメッセージというのが、【私たちの勝チ】

今回の縦読み以前にも、バーガーキングはマクドナルドをライバル視していて、「打倒マック」と言った広告戦略が秀逸だと言われています。

この記事では、

  • バーガーキングの縦読みメッセージ
  • 「打倒マック」の広告戦略

について、みていきます!

バーガーキングの縦読みメッセージが話題に!

2020年1月31日に、バーガーキング「秋葉原昭和通り店」が店頭に掲げた垂れ幕に注目が集まっています。

「バーガーキング 縦読み」の画像検索結果"

この垂れ幕にはある秘密が隠されているんです、、、!

拡大した画像を見てみましょう。

「バーガーキング 縦読み」の画像検索結果"

メッセージの頭文字を縦読みすると、

【私たちの勝チ】と書かれていますね!

木下優樹菜さん&乾貴士さんの騒動で話題になった、「縦読み」メッセージです。

詳しく知りたい方は、是非こちらをご覧ください。

ユッキーナと乾貴士のインスタ匂わせまとめ|目撃情報や姉の暴露もユッキーナとフジモンが離婚後、ユッキーナが投稿したインスタに注目が集まっています! インスタの文を縦読みすると、「たかしあいしてる...

誰に向けたメッセージか

このメッセージは、バーガーキングから「マクドナルド」に向けたメッセージです。

全文を見てみましょう。

「22年間たくさんのハッピーをありがとう。
私たちの2軒隣のマクドナルドさんが今日で最終日を迎えます。
たがいに良きライバルとして、アキバを愛する仲間として
ちかくにいたからこそ、私たちも頑張ることができました。マクドナルドさん
のいないこれからを思うと寂しさでいっぱいです。どうかみなさん、
勝手なお願いですが、今日は彼のところに行ってください。ずっと背中を追い続けた

チャレンジャーの私たちから、スマイルを込めて。お疲れさまでした。」

バーガーキング2軒隣のマクドナルドが閉店するにあたっての、表面上は感動的なメッセージなんですが、、、。

左がマクドナルドで、右がバーガーキングの垂れ幕ですが、明らかにマクドナルドを意識したデザインなのがお分かりいただけるかと思います。

閉店するマックへ「私たちの勝チ」 ネット騒然「恐怖の縦読み」の真相、バーガーキングに聞くと...

バーガーキングの広報者は「敬意を込めたエール」

バーガーキングの広報担当の方は、以下のように話しています。

「これまでたがいに切磋琢磨してきたライバルであるお店へ、敬意を込めてエールを送らせて頂きました

「ポスターを見て、何を感じられるか、どのようなご意見をもたれるかは、お客様次第だと考えております。また、お客様がご自身の意見をどのような方法で他人に伝えられるか、あるいは世の中に発信されるかも、お客様次第だと考えております」

今話題の「縦読み」を利用して、皮肉とも取れるバーガーキング流の「敬意」を伝えた広報の方は凄腕ですね、、、!

バーガーキングの打倒マックの広告戦略がすごい

バーガーキングがマクドナルドをライバル視していたのは、今に始まったことではありません。

今までの「打倒マック」の広告戦略についてみていきましょう。

打倒マックのエピソード①:「お詫ビーフ」

2019年11月にバーガーキングは「お詫ビーフ」広告を発表しました。

画像

「バーガーキングのテリヤキシリーズは、100%ビーフパティのみであることを謝罪いたします」

という謝罪会見をパロディしたCM。

このCMは、マクドナルドのテリヤキバーガーがポークであることを意識した広告でした。

動画Ver.がこちらです。

打倒マックのエピソード②:ワッパーの背後にビッグマック

バーガーキングの商品の中で、「とてつもなく大きい」という意味で「ワッパー」と呼ばれる商品があります。

「バーガーキング ワッパー なに」の画像検索結果"

このワッパーの広告を打ち出していましたが、2019年12月13日にある事実が明らかになりました!

全てのワッパー広告で、実はビッグマックを背後に置いて撮影していたんです。

このツイートにも書かれているように、「ワッパーの方がマクドナルドよりも大きい」というアピールを公にしていました。

打倒マックのエピソード③:好感度UP作戦

バーガーキングの一番の推しである「ワッパー」

しかし、アルゼンチンの全店のバーガーキングで「ワッパー」の販売を中止したことがありました。

ワッパーを購入できない時のお客さんの表情が険しいですね。

その流れで、「今日1日だけ彼らの店(マクドナルド)にたくさんのお客様が入るようにしたいんです」とマクドナルドにお客さんを誘導します。

なんとこの日は、マクドナルドのビックマックの売り上げが慈善団体に寄付される日でした。

結果的にバーガーキングの戦略が消費者に理解され、マクドナルドを利用しつつ、好感度UPに成功していました。

 

バーガーキングの広告戦略、すごいですね!

マックをライバル視する「キャラ」設定なのでしょうね。