俳優・女優

【芦田プロ】芦田愛菜の祝賀パレードの祝辞が素晴らしすぎる!

2019年11月9日、女優の芦田愛菜さんが「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」に出席していましたね。

そこで、芦田愛菜さんの祝辞が素晴らしすぎるとネット上で話題となっています。

芦田愛菜さんの祝賀パレードの祝辞について、10月NHK出演の際の即位礼についての立派すぎる回答についてまとめました!

【祝辞全文】芦田愛菜の即位礼祝賀パレードの祝辞が素晴らしすぎる!

「芦田愛菜 即位礼」の画像検索結果

2019年11月9日、芦田愛菜さんが皇居前広場で行われた『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』に着物姿で出席しました。

約2分半にわたって天皇陛下の御即位をお祝いするメッセージ・祝辞を述べ、その祝辞の内容が素晴らしいと話題になっています。

では、早速祝辞の内容を見ていきましょう。

芦田愛菜の即位礼国民祭典の祝辞全文

謹んで申し上げます。

天皇陛下御即位にあたり、心よりお祝いを申し上げます。

また、このような記念すべき国民祭典にお招きにあずかり、お祝いと感謝を申し述べる機会をいただき、緊張しておりますが大変光栄に存じます。

即位礼正殿の儀での陛下のお言葉を拝聴し、日本、そして世界の平和に対する陛下の御心に心を打たれました。

陛下は松尾芭蕉の『奥の細道』をお読みになったことがきっかけで『水』にご関心を持たれ、長きにわたってご研究をなさっているとお聞きしました。そして、水を通して世界のさまざまな問題を捉え、そのことが平和につながるとのお考えをお持ちであると知るに至りました。

私も大好きな読書を通じ、知識を得ること、そして、その知識を踏まえて行動に移す、そのことが大切であるのではないかと考えるようになりました。

陛下の御心を受け、どんなことでも思い立ったことは、迷わず実行できるようになりたい、そう思っております。

新元号の令和は、「万葉集」からの出典だったことを知り、昔の日本の書物から新しい時代の元号が作られるということはなんて素敵なことなんだろうと深く感動しております。

古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、あたらしい日本へと躍進していく、そんな時代になっていくことを、せつに願っております。最後になりますが、いつまでも両陛下がお健やかであられますようお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。

着物姿で登場し、凛とした表情の芦田愛菜さん。

15歳という年齢で「拝聴」や「御心」といった言葉を堂々と発することができるなんて、素晴らしいですよね。

芦田愛菜の即位礼祝賀パレードの祝辞へのネットの反応

ネット上では、

など、「素晴らしい」といった感嘆の声が本当に多く見られました。

小さな子役時代の頃の芦田愛菜”ちゃん”ではなく、女優の芦田愛菜”さん”という素晴らしい成長の軌跡を見ることのできた瞬間だったのではないかと思います!

【芦田プロ】芦田愛菜の即位礼の質問への立派すぎるコメントがスゴイ!

「芦田愛菜」の画像検索結果

2019年5月にNHKの番組に出演した際、武田真一アナの質問に対する答えがしっかりしすぎて大人すぎると、こちらも話題になりました。

武田アナ「天皇陛下の幼い頃、それから環境問題に関心を持たれていることや、様々なご様子ご覧になっていかかでしたか?」という質問に対し、芦田愛菜さんの回答がこちら!

芦田愛菜の回答

そうですね。

上皇様のお気持ちを受け継がれて、国民にとても心を寄せられているんだなと分かって、膝をついて同じ目線で語りかけられる姿っていうのはとても印象的でしたし、

失礼な表現になってしまうかもしれませんが、より身近な存在に感じられましたね。

こちらでも、凛とした言葉で答える芦田愛菜さん。

「失礼な表現になってしまうかもしれませんが」と一言添えて、発言しているところも本当に関心してしまいます。

【芦田プロ】芦田愛菜の祝賀パレードの祝辞が素晴らしすぎる!まとめ

ネット上で芦田愛菜さんのことを「芦田プロ」と呼ばれていますが、これってどういう意味なのでしょうか?

芦田愛菜さんは演技もでき、頭も良く、且つ仕事をしっかりしすて「プロ」意識が強い、「完璧すぎて子どもらしくない」といった皮肉が含まれている言葉なのだと思われます。

ただ、14歳となり子どもから大人へと近づいている芦田愛菜さんは、さらに聡明さが増し、今回の祝賀パレードでは圧倒的な存在感を発揮し、見る人に感動を与えました。

今後の芦田愛菜さんの成長に更に注目ですね!